2011年(平成23年) 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年(平成24年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年(平成25年) 1月 2月 3月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年(平成26年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月
2015年(平成27年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年(平成28年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年(平成29年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年(平成30年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年(平成31年) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年5月19日(日)
成果

今日の試合で、ついに、ホームランを打った息子。
打球は、センターの頭を越えた。

今まで、バッティングのことについてかなり勉強してきたが、やっと球を遠くまで飛ばす打ち方がわかってきた父だった。


成果が出ると、ますますやる気になる。

2019年5月18日(土)
前を大きく

体を回転させて、前を大きく振るようにする。

     

2019年5月17日(金)
体の回転で打つ

小学生や中学生を指導するときに、一番気をつけていることは、フォアハンドで体を回転させること。
理由は、強い球を打つことができる打ち方を身につけてほしいから。

体を回転させるためには、打球点は体の横よりも前になる。
体の回転は後ろから回しはじめるのではなく、ほぼ横からスタートして前を大きく回す感じ。
だから、強打のときの振り終わりでは、ラケットハンドの肩が前に出るくらいまで回すようになる。
そのとき、反対の肩は回しすぎないようにする。体の回転を止める役目をするからだ。


体の横や、体の後ろで打球したのでは、体が回転せずに手だけで打つ打ち方になりやすいので、ダメ。

2019年5月16日(木)
久しぶりの指導

昨日は久しぶり(3ヶ月ぶり)に息子と練習。

息子はずっと練習していなかったので、3ヶ月前のまま、変なくせはついていなかったのだが、他の中学生たちはというと・・・

中学校の部活動で毎日やっている子どもたちは、フォームがぐちゃぐちゃになっていた。ヤバイぐらいに・・・。

丁寧に直してやったが、部活の練習をやっていると、すぐにおかしくなるだろう。

毎日の指導の大事さを感じた。

2019年5月15日(水)
そろそろ

職場が変わり、とても忙しい毎日。

余裕がなく、更新ができていなかった。

そろそろ、動き始めねば・・・。

2019年5月8日(水)
人権を漢字一文字で表すと

この前の人権教育の研修会では、最初の自己紹介のときにお題が一つ出た。

「人権を漢字一文字で表すと何?」

他の人たちが「幸」とか「輝」とか発表しているのを聞きながら、普通の答えでは面白くないなと思い、一生懸命考えた。

そして、私の発表は・・・

「人権のイメージは、人が希望を持ち、プラス思考で生きることができること。・・・と言うことで、漢字一文字で表すと、『人』という漢字にプラス思考の『+』を合わせて『木』にしました。
 ちなみに、私は「木」が2本の「林」なので、人権感覚がいっぱいの人間です。」

2019年5月7日(火)
昔話

クラスの朝の会・帰りの会ではいろいろな話をしていた。

   

うまくいかなかったときなどに、他人のせいにすることってあるよね。
でもね、人のせいだと指さした下3本の指は自分の方を向いているんだ。
実は、うまくいかないほとんどの原因は、自分の中にあるんだよ。

そんな話をしたことがあった。

しーんとして聞いてくれたが、その後にある男子生徒が、
「先生、指のさし方が悪いんだ。5本指でさせば大丈夫だ。」と言ったので、みんなが5本指の指さしを始めだしてしまった。

それから、しばらくの間、私のクラスでは、人を指さすときは5本指で「どうぞ〜」のポーズをとるようになった。

2019年5月6日(月)
しかる指導

子どもたちが、
『やろうとしてもできないこと』や、
『練習してきてなくてできないこと』を

できてないとしかる指導者はかなりレベルが低いと、私は思う。


例えば、「エラーをするなミスをするな」としかったところで、技術的な部分が劇的に変わることがあるはずがない。

また、練習のときに道具を並べることを指導していないのに、試合のときに「道具が並んでいないじゃないか」としかるのもおかしなこと。

しかったときに、子どもたち自身が「何をどうすればよかったのか」がわかるようでなければならないと思う。

2019年5月5日(日)
息子の成長

いつもバントをさせられて、アウトになって、
何のためのバントなのかわからなくて・・・。

父は腹が立ったので、息子に怒鳴っていた。

「何でバントばかりさせられるかわかるか。お前のバッティングに期待していないからだ。『バントばかりさせるな。打つからヒッティングのサインを出してくれ。』と監督に言っておけ」と。

監督には言っていないだろうが、息子は行動で示してくれた。うれしい。

2019年5月4日(土)
とてもうれしかったこと

ソフトボールの試合で、息子が初めて外野の頭を越す球を打った。

バットの芯には当たっていなかったけど、最後まで振り切ったのがよかった。

2019年5月3日(金)
小出監督の言葉

「選手を罵倒してる指導者は、自分が無能だと周囲に叫んでるのと同じ。失敗したい選手なんていない。できないのは自分の指導が足りないだけ」

2019年5月2日(木)
旅中B

日本最大級のアスレチック型遊具があるアクアスランド。

   

素晴らしいのは、手入れがきちんとされているところ。
ローラー滑り台も、ローラーがなめらかに回転するので、すごいスピードが出る。めっちゃ面白い!

2019年5月1日(水)
旅中A

天気が悪かったのだが、子どもたちは海の中へ。

   

そして、びしょびしょに・・・。




カウンター