2015年 2016年 2017年

2018年1月22日(月)
「春にもあるけど」

 備南東では、4月にもシード決めがあるので、今回の結果が直接総体の結果に関わるものではありません。しかし、やはり経験の差は大きいもので。しかも、私の学校のように1年生が中心となるようなチームは少しでも多くの経験を積みたいという思いもあるわけです。2月以降、その経験に勝るような体験をさせていかなければと考えています。

2018年1月21日(日)
「もったいない」

 しかし、もったいないです。シード決めの試合は、ごまかしのきかない学校同士のガチンコ勝負であり、普段の練習試合から学べない「本番」の緊張感を学ぶ貴重な機会なのです。また、私も選手に何が足りないのか、何ができるようになっているのか、監督としての力量はどうかというチェックをすることができるからです。

2018年1月20日(土)
「箱根駅伝でも」

 今や一大イベントとなった箱根駅伝でも、毎年インフルエンザで欠場する選手がいます。そういった選手は、私たちが考えている以上に体調管理に気を遣っているはずですが、そういった選手でも、よりによって箱根駅伝にかぶるようにインフルエンザになるわけですから、中学生がインフルエンザになるのも無理ないのかもと感じています。まして、インフルエンザの菌をもっているかもしれない生徒と1日中教室で生活しているのですから・・・。

2018年1月19日(金)
「インフルエンザ」

 そうやってたくさん練習試合をしてきたのに、学校中でインフルエンザが流行し、今週はまともに練習できませんでした。挙句、卓球部でもインフルエンザが蔓延し、今週末に行われるシード決めの試合を欠場することになりました。健康管理はスポーツの基本であり、それができなかったのは、指導者としてダメだなと思っています。

2018年1月18日(木)
「12試合」

 先日の練習試合で1人当たり1日12試合ほどできる練習試合がありました。しかも、2日続けて。私の学校では1年生が多いので、1日12試合ともなると大変な量ですが、試合に慣れて、かなり実力がついているようでした。ある一定の時期はやはり量をこなさないといけません。

2018年1月17日(水)
「シュート回転」

 それまではラケットヘッドが下がり、フォアカットは右へ、バックカットは左へ曲がっていました(シュート回転)。しかし、ラケットを立てることによって、フォアカットは左へ、バックカットは右へ曲がるように弾道も変化しました。また、ラケットヘッドが立つと、強打に対して強いため、強い球も返球しやすくなりました。

2018年1月16日(火)
「カットを切る」

 市内の高校のK先生に指導に来ていただきました。カットマンの指導をしていただいたのですが、カットマンのボールがなかなか切れなくて困っていたのを、見事に修正してくれました。カットマンのラケットヘッドが下がっていて力が伝わっていなかったのを見抜き、ラケットヘッドを立てるようにしてツッツキを切ることで、カットも切れるようになりました。

2018年1月15日(月)
「ストロークでも」

 体の効率的な使い方を体験するためにも、片足立ちでラリーの練習をするのはありだと思います。さまざまな体の使い方を体験させ、必要な体の動かし方を体得させていくことも大事だと思います。

2018年1月14日(日)
「右足軸」

 元世界チャンピオンである劉国梁は右足軸のサーブを出しています。魔術師と呼ばれた彼のサーブは、ほかの選手とは違う軸のサーブによって作り出された差によって生み出されたものかもしれません。ただ、右足軸で出すフォアサーブはどうしても左足軸に比べてタイミングが遅くなるため、やや損な印象はぬぐえません。タイミングをずらすためのゲーム後半用のサーブとしては有効だと思います。

2018年1月13日(土)
「逆足サーブ」

 スパイラル打法の理論をよく理解されている方は、スパイラルに「左足軸」と「右足軸」の両方があるのをご存知だと思いますが、サーブに関しては多くの選手が「左足軸」でサーブを出します。フォアハンドを振るとき、多くの場合「右足軸」になるにもかかわらず、サーブに「右足軸」がないのが不思議でした。しかし・・・。

2018年1月12日(金)
「左足軸」

 フォアサービスを出すとき、左足を軸として、サービスを出す瞬間、右足を上げて左足軸を作ります。気をつけるのは左足を踏み込むと軸ができないので、踏み込まないか、足踏みをしても、その場で足踏みをさせます。軸はまっすぐである必要があり、体幹から大きくそれるないように踏み込ませないのです。

2018年1月11日(木)
「コマの理論」

 コマに足が2本あったらコマはしっかり回るでしょうか。当然そんなことはなく、コマの軸は1本であるから回るのです。人間も同じで最終的に1本の軸を意識することで体はしっかり回ると思います。バランスを取るために片足立ちになることはないのですが、軸づくりの意識付けとして片足立ちでサービスを出させるのはありだと思います。

2018年1月10日(水)
「片足立ち」

 平岡さんからスパイラル打法を勉強してから、効率的な体の使い方を研究しています。効率的なだけではダメで、中学生にも伝わるようにかみ砕いて選手に伝える必要があります。で、今回はサービスの話。サービスを出すとき両足で立つよりも片足で立った方が体がしっかり回って威力が高いサービスが出せるので、選手に指導しています。

2018年1月9日(火)
「ミニハードル」

 膝を上げると股関節が動き、強く柔らかい下半身ができるので、ぜひ成功させたいと思っています。道具としてはミニハードルがあるといいと思います。やはり目標になりますから。そんなものはないので、500mlのペットボトルを使おうかなと考えています。

2018年1月8日(月)
「ちゃんと運動をさせる」

 練習終わりにサーキットトレーニングで腕立て、腹筋、背筋、スクワットをさせていたのですが、スクワットをするにしてもひざが曲がり切らないし、肩幅に足を開けないしということで、ちゃんと運動できない子も多くいるのです。ですから、そういう子にもちゃんと効果が出るように運動をさせていくことが必要だと思います。そういう意味でラダートレーニングは目標もあるので、中学生でもやりやすいと思います。

2018年1月7日(日)
「なぜいまさらラジオ体操?」

 ラジオ体操をするに至ったのには理由があります。準備運動としてダイナミックストレッチという動的ストレッチを採用していたのですが、選手の意識が相当高くないと、効果が出ないのです。例えば、ひざを高く上げないと効果が出ない体操があるのですが、ひざを上げるという意識を持たせ続けるのがそもそも難しいし、女子はそもそも筋力が足りなさ過ぎてひざが上がらないのです。

2018年1月6日(土)
「ラジオ体操」

 2学期が始まったころから、ウォーミングアップにラジオ体操を使っています。ラジオ体操をちゃんとやってみると、肩回り、股関節周りをうまく使うことができて体操として優秀だと感じます。以前紹介した動的ストレッチでもありますので、体温を少し上げる文字通りウォーミングアップができてよいと思います。

2018年1月5日(金)
「今年の目標2」

 ちなみに、私の今年の個人的な目標は、@フルマラソン4時間切り(2月愛媛、11月神戸or大阪)、Aトライアスロン3回出場、B腹筋を6つに割る(いまは3個に割れるほうが近い)。がんばります!

2018年1月4日(木)
「ミーティング」

 ミーティングでは、チームの目標の再確認(県大会ベスト4)をして、どのようなプレーがよいのかを細かく指示をして、今後の練習について話をしました。話をしてもわかりにくいので、動画を見ながらいいプレーのイメージを作っていきました。

2018年1月3日(水)
「今年の目標」

 1年が始まってからになりますが、今年の目標を。部活動では、県大会ベスト8、組み合わせによっては4を狙いたいと思っています。そのスタートが明日からの練習になるのですが、明日はまずミーティングをしてチームの目標を再確認、再設定していきたいと思います。

2018年1月2日(火)
「年末年始の減量」

 この年末年始は減量を意識して過ごしていました。というのも、マラソンで失速しないために足に負担をかけないように・・・と言えば格好がいいのですが、秋口にマラソンをしているにも関わらず太ってしまったので、何とかしないとと思っています。ちなみに12月中はかなり減量して、お正月も体重をキープして過ごすことができました。

2018年1月1日(月)
「あけましておめでとうございます」

 あけましておめでとうございます。今年もブログをがんばって書いてきますので、よろしくお願いします。